自転車保険というのがあるのを知っていますか。
自動車保険なら知っているけど聞いたことがないなあという人がほとんどではないでしょうか。
自転車とは名前に車がついていますから、車の一種なんですよ。
中には、ロードバイクや電気自転車というのもありますが、全て自転車の仲間であり、2輪車といってもよいでしょう。
乗り物である以上、転倒したり、どこかにぶつかったり、人にケガをさせたりといった事故をおこす、あるいは事故にあう可能性が高いのです。

スポンサードリンク

自転車保険の必要性

なぜ自転車保険というものが普及していないのでしょうか。

自動車にのっている人は、必ず自動車保険に入っていますよね。
自動車を購入した際に加入することが義務づけられていますからね。

また、任意保険にもほとんどの人がはいっているでしょう。
これは、自動車事故の怖さを知っているからではないでしょうか。

毎日のように自動車事故がおきていますし、相手に被害を与えた場合は、高額の保障費が必要になるなど、リスクが高いことがわかっています。

しかし自転車の場合は、自動車ほどリスクが高くないものと思われています。
保険にはいることが義務づけられてもいませんし、自転車を購入するときに勧められるわけでもありません。
よって、わざわざお金を払ってまで入る人などいないというわけです。

自転車保険というのは、自動車保険と同様にちゃんとした保険になっています。
よく自転車に乗る人は、一度検討してみるのもよいかと思います。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

自転車保険:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://hoken.eigo7.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。